いまでこそ「コンテンツ」という言葉を誰でも知るようになりましたが、当社を設立した平成4年当時は、まだ「コンテンツ」という言葉が一般的ではなく、ソフトウェアビジネスの主流はプログラム開発でした。

しかし、近い将来ソフトウェアの価値は「プログラム」よりも「データ」の重要度が増すであろうとの思いから、「データウェア」を「デザイン」するという意味を社名に込めました。

まもなく1990年代後半のマルチメディアブームを経て、コンテンツビジネスが一躍脚光を浴びることになりますが、当社は一貫してソフトウェアの価値は技術のみにあらず、企画、ストーリー、画像、音声、映像、全てが高度に融合したものであるべきと考え、トータルなプロデュースおよびディレクションに主眼を置いたビジネスを推進し続けております。

TOP
TOP